新型C-HRを安く買うには?

新型C-HRを底値で買うには?

 

新型C-HRを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、新型C-HRを底値で買う方法を紹介します!

 

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・簡単なので是非実践しましょう!

 

新型C-HRの最新目標値引き額と2018年12月の値引き動向

C-HRの値引き動向は?

 

12月の新型C-HRの値引き動向は、先月に続き横ばいです。12月は年末商戦の真っ只中なので、ディーラーも受注が欲しく、値引きが甘くなる時期です。12月登録の車両があれば、C-HRから限界付近の値引きを引き出す事も出来るでしょう。

 

週末はイベントやフェアが行われていることが多いので、週末(特に日曜日の夕方)に契約するタイミングで商談すると、C-HRの値引きを引き出しやすくなります。12月はディーラーオプションからの値引きを含めて35万円を超える値引きを目指しましょう。

 

ディーラーオプションを40~50万円以上付けるなら、C-HRから値引きの総額40万円オーバーも可能です。

 

12月以前の実例値引きでは、付属品からの値引きを含めて57.2万円、47.8万円、44.3万円の値引きが報告されています。

 

ホンダのヴェゼルやマツダCX-3、CX-5などと競合させて値引きを出してもらい、最後にトヨタ全店扱いを利用して、トヨタディーラー同士の競合でさらにC-HRの値引きを引き出しましょう。

 

特にヴェゼルやフォレスターとの競合が有効です。同価格帯のグレードを選んで競合させましょう。「新型のフォレスターが気になるが、思い切った値引きが出るならC-HRを検討したい」とやってみましょう。

 

C-HRのガソリン車なら、来年2月にはヴェゼルにターボが追加されるので、「来年発売されるヴェゼルのターボが出るまで待とうか迷っている」と伝えながら値引き交渉すれば、C-HRの最大値引きも不可能ではありません。

 

C-HRの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

 

今月(2018年12月)の車両からの目標値引き額27万円+オプション30万円からの値引き6万円総値引き33万円が値引き合格ラインになります。

 

以下の値引き交渉術を実践すれば、C-HRの実例値引き額並みかそれ以上の値引きが可能になります!

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけC-HRが安く買えると言うことになります。

 

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

 

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

 

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

 

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

 

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これは非常に勿体無いです。

 

ディーラーの下取りで損しないために

 

ディーラーの下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

 

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

 

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

 

おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 


地元の中小買取店が登録している査定比較.com(ズバット車買取)です。中小買取店は買取した車をオークションへ転売するだけでなく、自社で直接販売するお店が多いため、オークションに掛かる経費(中間マージン)を節約できる事から、高額査定が可能です。

中小買取店の名称例画像

 

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

新型C-HRの値引きに適した交渉時期

C-HRの値引きに適した交渉時期

 

新車のC-HRを安く買おうと思ったら、購入時期を選ぶのも一つの方法です。

 

トヨタの決算月は毎年3月の年度末決算となっています。

 

1年間の締めの月となる決算月には、できるだけ多くの実績を獲得して業績をアップさせ、株主に報告する事が目的です。

 

ディーラーでは決算月になると、契約を取るためなら多少の無理を聞いてでも、値引きを増やして契約につなげようとします。

 

年度末決算期なら1月~3月末、中間決算期なら8月のお盆休み明け~9月末までの購入が、C-HRを安く買うチャンスとなります。

 

通常月でも決算期と変わらない位の値引きを引き出すことも、もちろん可能です。狙い目は日曜日の夕方の交渉です。

 

週末はフェアやセールを行っている事が多く、セールスさんには週末限定のノルマがあるくらいです。

 

週末フェアの締めの日曜日、さらに閉店間際の夕方に商談すれば、C-HRの値引き条件がアップする確率が高まります。

 

 

新型C-HRの納期は?2018年12月現在

 

新型C-HR納期:1~2ヶ月

 

C-HRの納期は、現在標準的な納車期間となっています。

 

C-HRの納車期間と納期実例

 

3/9契約→3/末納車(納期1ヵ月以内)

 

新型C-HRの競合車の設定とディーラーをリストアップ

競合車とディーラーのリストアップ

 

新型C-HRの値引きを増やすなら、ライバル車との競合がスタンダードです。

 

C-HRのライバル車は、ホンダヴェゼル、マツダCX-3、スバルXV、日産ジュークなどが適役です。中でも販売好調なヴェゼルやモデルの新しいCX-3が有効な競合車でしょう。

 

これらの車種と「迷っている」と商談することで、C-HRの値引きのガードが下がります。

 

さらにC-HRはトヨタ全店で発売されています。トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の各ディーラーは、基本的に別経営の法人となっています。

 

これを利用して、トヨタディーラーの四つ巴の争いに持ち込むと効果が高いでしょう。

 

トヨタ店の値引き条件をカローラ店にぶつける、そのカローラ店の条件を今度はネッツ店にぶつける、と言ったトヨタ同士の競合が、C-HRを安く買うコツです。

 

トヨタのHPで、各ディーラーを検索できるので、最寄りのディーラーや隣県のディーラーをピックアップしてC-HRの商談に備えましょう。

 

以上のライバル車のディーラーや複数のトヨタディーラーをリストアップして、商談していきましょう。

 

出来るだけ多くのディーラーと商談することで、値引きしてくれるディーラーに当たりやすくなります。

 

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

 

以下おすすめの買取店です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

新車値引きの王道!C-HRの値引き交渉術

ディーラー初回交渉

 

初回の交渉では、こちらもディーラーも様子見です。

 

よほどセールスさんの方から、「値引きを頑張ったら今日契約してくれますか?」と当日の契約にこだわっていなければ、C-HRの見積もりや試乗、展示車の確認などで引き上げましょう。

 

契約を勧めてくる場合は、ノルマの関係などでセールスさんがどうしても当日に契約が欲しい状態かもしれません。そんな時は逆にチャンスなので、ズバリと条件提示して勝負をかけるやり方もありです。

 

・その車種が本命かどうかは伏せておく
・他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
・予算を聞かれても具体的な金額は言わない
・初回の商談は短時間でOK

C-HRの2回目交渉

ディーラー2回目交渉

 

二回目の商談からは、ライバル車の値引き条件を伝えながら、具体的なC-HRの値引き交渉に入ります。

 

ライバル車の値引き金額を伝えて、「どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」と、この2点だけを伝えれば、値引きは緩んでいくでしょう。

 

C-HR同士(トヨタ同士)の競合は、値引きの上乗せで最も効果的な交渉方法なので、ある程度値引き条件が出てから、最後の手段で利用しましょう。

 

・どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
・C-HR同士の競合はまだ控える
・ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

C-HRのダメ押し交渉

C-HRダメ押し交渉

 

二回目以降の交渉である程度C-HRから値引き額を引き出したら、トヨタディーラー同士の競合に切り替えます。


一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

 

「自分はヴェゼルハイブリッドに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、C-HRにしようと言う事になりました。

 

でも自分はヴェゼルにまだ未練があります。ヴェゼルを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、他のトヨタでも商談しました。

 

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)


これをそれぞれのトヨタディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーやセールスさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標金額よりも少し安めの金額を要求して見ます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。


「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、無料サービスを要求してみましょう。

 

値引き額的にいっぱいいっぱいなら、数万円程度の無料サービスが成功しやすいです。

 

また、納車時ガソリン満タン、端数カット、などを最後で申し出てみます。

 

そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してC-HRを契約しましょう!

 

・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
・ローンを組むなら、ライバル他社のキャンペーン金利などを引き合いに出して、金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

C-HRを誰よりも安く買う段階

 

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

 

そこで最後に複数の買取店に査定してもらいます。

 

そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにC-HRを安く買える事になります。


そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事をセールスさんに伝えます。

 

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、契約書の備考欄にでもその旨一筆書いてもらいましょう。

 

これで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

 

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

 

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

 

カービュー「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

 

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

 

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

 

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

 

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

 

以上がC-HRを限界の底値で買うための方法です。

 

何も知らずにディーラーの言う通りに決めてしまうと、値引きと下取りも含めれば簡単に数十万円C-HRを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでC-HRを購入しましょう!

 

 

値引きが少なくて新車が高いなら新古車や未使用車もあり

 

どうしても値引きが少なくて予算オーバー。。。 そんな時は新古車や未使用車がおすすめです。

 

走行距離をほとんど走っていない登録しただけの未使用車や、走行5000キロ以下の新古車なら、ある意味新車感覚で乗る事ができます。

 

しかも新車よりもかなり割安で乗れるのが一番のメリットですね。

 

ただ、割安に販売している未使用車や新古車は、やはり人気がありすぐに売れてしまう事が少なくありません。

 

そんな時ガリバーのクルマコネクトなら、中古車市場に出回る前の非公開車両を優先的に紹介してくれるので、お得な新古車を逃してしまうリスクを防げます。

 

しかも、やり取りは電話ではなくチャットのみで完結できるので、スキマ時間にやればOK。時短になりとても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件を伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>クルマコネクトで中古車を探してもらうならコチラ

 

 

C-HR人気グレードの値引きは?

 

C-HRの人気グレードに絞った値引き交渉術です。

 

人気グレードの値引き相場や値引きを含んだ見積もりシミュレーション、人気グレードの値引き交渉術、競合させるライバル車のグレード、 実燃費やリセールバリューまで、C-HRの人気グレードに特化した値引きページです。

 

総額はいくら?C-HRハイブリッド 1.8Gの値引きと総価格をシミュレーション

 

 

新型C-HRの乗り出し価格(総額)は?

 

グレード

C-HR ハイブリッド G

 

車両価格(消費税込)

2,905,200円

 

メーカーオプション品名

ホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドライト他セット、寒冷地仕様、RCTAパックカメラ、サイドバイザー

249,480円

 

ディーラーオプション名

サイドバイザー、フロアマット、Tコネクトナビ9インチ、ドライブレコーダー、ETC2.0

約397,332円(工賃込み)

 

諸費用(税金・登録ほか)

126,927円

 

C-HR車両値引き(2018年12月1日目標値)

▲270,000円

 

ディーラーオプション値引き(20%引き)

▲79,000円

 

C-HR乗り出し価格(総額)

3,329,939円(端数カット)

 

 

C-HRを残価設定クレジット(残価設定型プラン)で買うと値引きが多くなる!?

 

C-HRを残クレで買うと値引きが多くなる!?

 

もし残価設定ローンでC-HRの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

 

5年後の残価とC-HRの買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

 

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでC-HRを購入するケースが増えています。

 

3年の残価設定ローン

※3年残価設定プラン

 

5年の残価設定ローン

※5年残価設定プラン

 

上記は同じトヨタ車のタンクの見積書ですが、3年の残価設定クレジットと、5年の残価設定クレジットの支払シミュレーションです。

 

以下でC-HRの残価設定ローンのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

残価設定ローンのメリット

 

C-HRの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
④C-HRの新車値引きが多くなる

 

C-HRを残価設定ローンで購入する事のメリットは、月々の支払額を抑えられる事やそれによって中古ではなく新車のC-HRを買えたり、グレードを上げられる事でしょう。

 

さらに残価設定ローンでC-HRを購入する事で、C-HRの値引き金額が大きくなるメリットもあります。

 

 

残価設定ローンのデメリット

 

C-HRの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料の総額は高くなる
②走行距離や状態等が規定内から外れると残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はC-HRを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

 

①②はその通りですが、残価設定ローンでC-HRを購入すると、ローン終了後はディーラーへ返却しなければいけない、またローン中はC-HRを売れない、と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

実は上記の③④は間違いなんです。以下をご覧ください。

 

 

残クレ(残価設定型プラン)が終わったらC-HRをディーラーへ返さないとダメ?

 

3年~5年の残価設定ローン(残価設定型プラン)でC-HRを契約したら、契約終了後は、

 

①同じ販売店で新しい車に乗り換え

②C-HRを返却

③C-HRを買い上げる(一括清算/再クレジット)

 

とディーラーで説明されると思います。トヨタのサイトにも出ています。

 

「同じ販売店で乗り換え」「C-HRを返却」と書かれていると、残価設定ローンが終了したらディーラーへC-HRを返さなくてはいけない、と見えますが、実際はそうではありません。

 

ディーラー以外の所へC-HRを売っても良いのです。

 

ディーラーへC-HRを返却すると、車の状態が規定内に収まっていても、良くて設定された残価で引き取られていきます。残債は無くなりますが、手元には1円も残らない状態ですね。

 

残クレが終わったらC-HRをディーラーに返さないとだめ?

 

これをディーラー以外の例えば買取店へ売却すれば、ディーラーが残価で引き取る状態のC-HRなら、買取店ではディーラーよりも高い金額で買取る事が可能です。

 

C-HRのような人気車なら中古車相場が高いため、買取店は高値を付けられます。その差額は数十万円にもなりかねません。

 

非常に勿体ないので、ディーラー返却だけでなく、買取店への売却も検討しましょう。

 

セールスさんによっては、「他では売れませんよ」と言ってくる人も居ますが、管理人自ら残価設定ローン終了時に買取店へ売っていますし、トヨタディーラーで確認したところセールスさんから「出来ます」と言われました。

 

 

残価設定ローンの途中でもC-HRが売れる!

 

残価設定ローンの途中でも、C-HRを売る事が出来ます。

 

残価設定ローンと言っても仕組みは通常のローンと同様なので、途中解約する場合はC-HRの売却金額で残債を清算して、解約と売却を同時に行います。

 

残価設定ローン終了時でも同様ですが、一旦残価を含めた残債を自分で返済して、さらに名義を自分の物に変更してから売る必要はありません。

 

買取店が残債の清算や名義の変更を代行してくれるので、C-HRの残債よりも高く売れれば差額を買取店から受け取れますし、残債よりも安い場合は差額を買取店に払う事になります。

 

注意したいのは途中解約の場合、ローンの支払いが進んで元金が十分に減っていないと、残価を据え置いているため、C-HRの買取金額が残価を含めた残債を上回れないケースがあります。

 

その場合は、差額を追い金として用意しなければいけません。

 

残価を含めた残債と、C-HRの買取相場を比較して、売却するかどうかを十分に検討しましょう。

 

 

C-HRの残価設定ローンを売却時までシミュレーション

 

C-HRハイブリッドGに、ホワイトパール、サイドバイザー、フロアマット、Tコネクト9インチナビ、バックモニター、ETC2.0を付けて、5年の残価設定ローン(残価設定型プラン)で購入したとします。

 

グレード名 C-HRハイブリッドG
総支払額(C-HR値引き30万円含

3,125,000

頭金 0円
5年後の残価 1,074,924円
残クレ月々の支払額(60回) 初回45,646円
43,600円×58回
最終回1,074,924円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
1,074,924円

5年後ディーラーへ返却

±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
5年後のC-HRの買取相場
1,220,000円
5年後買取店へ売却 1,220,000-1,074,924=145,076円
14.5万円が手元に残る

C-HRの値引きは残価設定ローンの方が値引き額が多く出来るので、通常より値引き多めで試算しました。交渉次第ではさらに値引きの上乗せが可能です。

 

C-HRハイブリッドGの5年後の残価設定額は、1,074,924円です。5年後に月間平均走行距離が1000㎞以内など、規定内であれば残価でディーラーがC-HRを引き取ってくれるでしょう。

 

しかし、走行距離が伸びたり、内外装が規定から外れる状態なら、ディーラーへ返却する時に追い金が発生します。

 

反対に買取店へC-HRを売れば、ディーラーが残価で引き取れる状態のC-HRなら、少なめに見積もっても5年後には122万円で売れる可能性が高いです。

 

ハリアーハイブリッドの5年後の買取相場が旧型で42%あるので、その数値で出してみました。5年経ってもC-HRが現行型のままなら、もっと高値が期待できるでしょう。

 

ディーラーへ返却してしまえば良くて残価の金額ですが、買取店で122万円で売れれば手元に14.5万円が残る事になります。

 

5年後の買取店の査定

 

14.5万円もあれば、次の車の資金にも出来ますし、家族で旅行にも行けるでしょう。

 

さらに、残価設定ローンでC-HRを買うと、新車の値引きがさらに期待できます。

 

残価設定ローンの場合、通常のローンよりも金利手数料が多くなるため、ディーラーに入るマージンも通常のローンよりも多くなります。

 

それをC-HRの値引きの資金に出来るので、交渉次第ではC-HRから大幅な値引きも可能になります。

 

C-HRの値引きが多くなれば初期費用が下がるので、月々の支払も下がり楽になりますね。

 

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、4年後の残価設定額は270万円でした。

 

4年後の査定は?

ディーラー→本来260万だが特別に270万円

買取店→320万円

 

その差+50万円で買取店に売れました!

 

残クレ終了時や途中でC-HRを売る場合は、ディーラーだけでなく買取店も検討した方が良いでしょう。ディーラーのみだと上記のように10万円以上の損をしてしまうかもしれません。

 

 

残価設定クレジットに有利!高く売れるC-HRの条件は?

 

C-HRが高く売れる条件は?

 

C-HRの中でも、高く売れるグレードや人気のボディカラー、人気のオプションなどがあります。

 

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されず、販売店にも寄りますがグレードにより一定の割合で決まっています。

 

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もありますが、反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプション等が付いた状態なら、買取店の方が高くなります。

 

C-HRを売る時に高く売れる条件を紹介します。

 

C-HRで高く売れるグレード

・1.2 G-T

・1.8 Gハイブリッド

高く売れるボディカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン

ブラックマイカ

高く売れる装備

本革シート、Bi-Beam LEDヘッドランプ、モデリスタ・TRDエアロ、大画面ナビ

 

C-HRで売却時に高く売れる人気のグレードは、上から「ガソリン車のG-T」「ハイブリッドのG」となります。

 

現状ではハイブリッドもガソリン車も、上位グレードのGに高値の買取相場が付いています。

 

トヨタの他車の傾向(ハリアー、アルヴェルなど)を見ると、ハイブリッドよりもガソリン車の方がリセールバリューが高いです。

 

C-HRの場合、ガソリン車では追加された2WDの方が4WDよりも高いリセールバリューとなっています。

 

ボディカラーは、鉄板のホワイトパールとブラックがおススメです。5年以内の売却なら他色と比べて10~20万円ほど高く売れるでしょう。

 

プラス査定になる装備は、後付けできない本革シートのプラス査定幅が大きいです。本革のオプションとしては割安な価格75,600円なので、付けて損は無いでしょう。

 

Bi-Beam LEDヘッドランプやフルキットのエアロパーツ、大画面ナビもプラス査定になりますが元が取れるほどではないので、お好みで付けると良いでしょう。

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、C-HRを残価設定型プランで購入もあり!

 

以上のように残価設定ローンでC-HRを購入するには、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

中でもデメリットと思われていた、「ディーラー以外に売れない」「途中解約できない」事が無いので、金利手数料は確かに通常ローンに比べて高いですが、売却時に買取店へ高く売れれば、残価設定ローンのデメリットは軽くなるでしょう。

 

売却時にC-HRが残価よりも高く売れれば、差額が残る事はメリットですね。

 

さらに大きなメリットである「C-HRの値引きが増える」のも魅力です。

 

決算セールやボーナス・年末商戦、ディーラー&セールスさんがノルマに届いていないタイミング、などではC-HRの値引きが期待できますが、加えて残価設定ローンでC-HRを購入すれば、合わせ技でさらにC-HRから値引きを引き出せるでしょう。

 

C-HRの値引きの上乗せと売却時の差額で、残価設定ローンのデメリットはかなり減らせるのではないでしょうか。

 

注意したいのは、残価設定金額を大幅に下回ってしまうような過走行や事故修復歴車になると、売却時に残債の方が多くなる可能性が高いです。

 

なので距離を多く走る人やぶつけてしまう事が多い人には、残クレはおススメ出来ません。

 

残価設定ローンの仕組みを理解してメリットの方が大きければ、残クレ(残価設定型プラン)でC-HRを購入しても良いでしょうね。

 

 

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

C-HRのモデルチェンジで限界値引きが狙える

 

C-HRのモデルチェンジで限界値引きが狙える

 

C-HRが一部改良やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジするタイミングになると、販売終了する現行モデルの値引きを拡大させて、予定されている生産分を売切ろうとしてきます。

 

そのため、モデルチェンジのタイミングでC-HRの限界値引きが狙える訳です。

 

※マイナーチェンジ(内外装に改良が加えられ、場合によってはエンジンの変更もあり。一部改良より規模が大きい物。型式は変わらない)

※フルモデルチェンジ(内外装とも大きく変更され、エンジンにも改良や変更が入る事が多い。型式も変わる)

 

C-HRのモデルチェンジ予想

C-HRの予想限界値引き

2019年末~2020年前半にマイナーチェンジ マイナーチェンジ前に40~50万円の値引きが可能
2022年~2023年中にフルモデルチェンジ フルモデルチェンジ前には、値引きの総額50万円以上も可能

※値引き額は車両+オプションからの値引きの合計

 

上記より変更度合いの少ない一部改良でも、モデルが切り替わるため現行モデルを売切る必要があるので、C-HRの値引きが期待できます。

 

モデルチェンジが実施される時期に近づくほど値引きが拡大して行き、現行モデルのオーダーがストップされる直前が、最も値引きが拡大=ディーラーが値引きを多くして売切るタイミング、となります。

 

モデルチェンジにより現行モデルのオーダーがストップする時期は、新型が発売されるおよそ1ヵ月~1ヵ月半前です。

 

オーダーストップの直前なら、好きな色やグレード、メーカーオプションを選べるので、最適なタイミングと言えるでしょう。

 

C-HRのオーダーがストップしても在庫車があれば、限界値引きでの購入が可能です。

 

買ってすぐに新しいモデルが出てしまいますが、新型にこだわりが無ければ、現行C-HRを限界値引きで購入出来るチャンスと言えます。

 

 

競合車のモデルチェンジでC-HRの最大値引きが狙える

 

C-HRは国内で売れ筋のクロスオーバーSUVジャンルのため競合車が多く、ライバル他社と激しく販売台数を競っています。

 

こうした競合車がモデルチェンジされて商品力がアップすると、ユーザーがC-HRではなくライバル車を購入してしまう懸念が出るので、ディーラーはC-HRの値引きを多くしてライバル車への流出を防ごうとします。

 

そのため、競合車がモデルチェンジするタイミングでC-HRの最大値引きが期待できる訳ですね。

 

C-HRのライバル車は、ホンダのヴェゼルや日産エクストレイル、スバルフォレスターなどです。

 

以下でライバル車の今後のモデルチェンジ予想を見てみましょう。

 

時期

ヴェゼルのモデルチェンジ推移と予想

エクストレイルのモデルチェンジ推移と予想
2013年12月 ヴェゼルを発売 フルモデルチェンジ
2017年6月   マイナーチェンジ
2018年2月 マイナーチェンジ  
2020年~2021年中   フルモデルチェンジ予想
2021年中 フルモデルチェンジ予想  

※今後赤字のタイミングでC-HRの値引きが緩む

 

ライバル2車の今後のモデルチェンジ時期を見ると、2020年~2021年にかけてフルモデルチェンジが予想されるので、この時期にC-HRの値引き交渉をすると最大値引きも狙えます。

 

ライバル車のモデルチェンジを最大限に生かすで効果的な値引き交渉の時期は、モデルチェンジする直前と直後です。

 

ライバル車がモデルチェンジする時期が判明してから1ヵ月前~モデルチェンジ直後が、最もトヨタのセールスマンがライバル車を意識する時期なので、この期間にC-HRの値引き交渉をすると効果が高くなります。

 

「ヴェゼルのフルモデルチェンジが気になるが、思い切った値引きが出るならC-HRを検討したい」などとやれば、C-HRの最大値引きが期待できるでしょう。

 

 

C-HRのディーラーオプションからこれだけ値引き出来る

 

C-HRのディーラーオプションから20~30%値引きも!

 

車両本体からの値引きの他に、C-HRのディーラーオプションからも値引きが期待できます。

 

C-HRのディーラーオプション
T-Connectナビ 8インチモデル
ETC2.0
HDMI入力端子
カメラ一体型ドライブレコーダー
バックガイドモニター
サイドバイザー
フロアマット
ナンバーフレームセット
ガードコスメ(コーティング)
オプション合計金額 445,278円
オプション値引き 89,000~133,000円

C-HRのディーラーオプションの値引きは、概ね20~30%が目標値引き相場です。

 

上記のディーラーオプション金額なら、89,000~133,000円の値引きが狙えるでしょう。

 

決算期やモデルチェンジ前なら30~40%の値引き率に達する事もあります。

 

ディーラーオプションの原価率は、商品によって変わりますが、平均しておよそ50%ほどなので、20~30%のオプション値引きが見込める訳です。

 

ディーラーオプションの中に利益率の高いオプションが含まれていれば、それだけC-HRのオプション値引きが期待できます。

 

高額な部類に入るカーナビの原価はおよそ30%ほど、人件費が多く占めるコーティングやメンテナンスパックは原価1割ほどになります。

 

これらのディーラーオプションを選択していたら、出来るだけオプションで値引きを稼ぎたいですね。

 

 

C-HRのメーカーオプションからは値引き出来ない?

 

メーカーオプションは、一般的にディーラーオプションよりも値引きが出来ません。

 

ディーラーオプションは販売店が直接仕入れるので利益率が高いですが、メーカーオプションは新車の工場で車体と一緒に組み立てられるので、新車の原価に準じます。

 

ディーラーがメーカーから仕入れる車体の原価率は、およそ85~90%なので、利幅は10~15%となります。

 

この利幅の中でメーカーオプションの値引きを算出して、C-HRの車両本体からの値引きに上乗せするイメージで、目標値引き額をシミュレーションするといいでしょう。

 

また、C-HRの新車見積もりには、メーカーオプションからの値引き額が記載される事があります。

 

これは、ディーラーがその時々での事情により、契約書上で値引き額を車両やメーカーオプション、ディーラーオプションへ振り分けているので、トータルの値引きが目標値に届けば特に気にする必要は無いでしょう。

 

 

C-HRの在庫車は驚愕の最高値引き○○万円!

 

C-HRの在庫車は最高値引きが狙える

 

C-HRが登場した時は注文が集中して納期も長かったですが、現在では納期は短縮され展示車やユーザーキャンセル車などの在庫車や、メーカーへの見込み発注車が増えています。

 

完成検査を受けた新車が工場から出荷されると、9ヶ月以内なら書類のみで登録が可能ですが、9ヶ月を過ぎると陸運局へ車体を持ち込んで検査を受けないと、登録する事が出来ません。

 

これはディーラーの大きなコストアップになるため、通常は行わずに大幅値引きを出して売るか、自社登録して中古車として処理してしまいます。

 

こうした背景から、長期在庫車にならないようにディーラーは在庫車から捌きたいので、C-HRの在庫車が商談対象なら交渉次第で40~50万円以上の最高値引きが期待できるでしょう。

 

 

オプションなし!下取りなしでC-HRの値引き相場はいくら?

 

C-HRに一切オプションを付けずに、下取りなしでどの位が値引き相場なのか、グレード別で紹介します。

 

グレード別C-HR下取りなしの値引き相場
1.2 S-T 23~28万円の値引き
1.2 S-T LEDパッケージ 23~28万円の値引き
1.2 G-T 26~31万円の値引き
1.8ハイブリッド S 26~31万円の値引き
1.8ハイブリッド S LEDパッケージ 27~32万円の値引き
1.8ハイブリッド G 29~34万円の値引き

下取り車が無い状態で、さらにオプションを何も付けない素のC-HRからいくら値引き出来るのが、各グレードの値引き相場を出してみました。

 

ディーラーがメーカーから仕入れるC-HRの原価率は、新車価格の概ね85~90%となっています。

 

それを基に現在のC-HRの値引き相場を考慮して算出すると、上記がC-HRの下取りなしの値引き相場となります。

 

同じ値引率であっても、価格帯の上がる上位グレードほど値引き金額は多くなる仕組みです。

 

C-HRの上位グレードを購入するなら、しっかりと値引き相場まで引き出したいですね。

 

 

決算値引きが最強説!C-HRの決算値引きは実際いくら?

 

年間で最もC-HRの値引き枠が増えるのが、モデルチェンジ等の要因を除けば決算期です。

 

3月の年度末決算期と9月の中間決算期は、交渉次第でC-HRから割安な決算値引きが狙えるでしょう。

 

こうした決算時期には、ディーラーで決算キャンペーンを開催します。

 

年度末決算なら1月中旬から3月末まで、中間決算期になら8月のお盆明けから9月末まで、それぞれ決算キャンペーンが行われるので、決算時期に各トヨタディーラーでキャンペーンを利用して商談するといいでしょう。

 

C-HRの決算値引きは、現状なら40~50万円以上が可能です。ディーラーオプションを50万円以上付けたら、値引きの総額が50万円を超える決算値引きが期待できるので、目標値までしっかりと値引き交渉しましょう。

 

 

C-HRを限界値引きで購入しても下取り車で損したら意味がない

 

下取りを安くされて、せっかくの値引きを帳消しにされたら勿体ないですよね・・・。以下の一括査定を利用する事で、ディーラー下取りで損しないように愛車を高く売り抜く事が可能です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2016-2018 トヨタ C-HRを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com